Logo bosch
Main

技術紹介

当社の特徴的な技術についてご紹介します。

<クルマに関する技術>

クルマのネットワーク化

インターネットの一部として機能するクルマを目指し、車内はもちろんクルマとクルマ、クルマと道路、クルマと生活をネットワークに接続させるソリューションを提供しています。

パワートレインシステムとe-モビリティへの移行

エンジンやトランスミッションなどのパワートレインに関するソリューションを幅広く提供しています。近年では、電気自動車や充電インフラといったe-モビリティに必要なシステムの提供、車両内で連携するあらゆるシステムを制御するための、ハードウェアとソフトウェアのシステムインテグレーションを行っています。

クルマの自動化

先進的な機能やシステムでクルマを自動化し、より安全で快適な乗り物にします。ドライバー支援システムにはじまり、部分的な自動運転、さらには高度な自動運転まで、完全自動運転の実現に向けて着実に進化しています。

事故の未然防止技術

ボッシュは、1978年に世界で初めて量産型ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を開発しました。以降、横滑り防止装置ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)や、安全なバイク走行を可能にする世界初"オール・イン・ワン"セーフティシステムMSC(モーターサイクル用スタビリティコントロール)など、事故の危険を格段に低減させる革新的な技術を開発しています。

安全性の向上

開発したさまざまなシステムを連携・統合させることで、安全性をより高めます。例えば、ESCとエアバッグなどのセーフティシステムのネットワーク化や、ESCを画像認識装置などと連携させる衝突予知緊急ブレーキシステムにより、追突を未然に防ぐ、もしくは事故の被害を可能な限り軽減することができます。

<電動工具に関する技術>

ボッシュは、電動工具の技術革新をリードしてきた世界的なパイオニアです。1928年に世界で初めてモーター内蔵式手持ち型電動工具を発売して以来、世界初の破つりハンマー、ハンマードリル、近年では、世界で初めてリチウムイオン電池を搭載したバッテリー工具を開発しました。さらに、最新のテクノロジーを搭載したメジャーリングツールは、レーザー距離計などの新たな市場を創造しています。プロフェッショナル用途からDIY用途まで、幅広いニーズに合わせた製品開発が特徴です。

Logo bosch recruit
Catchcopy
ブランドページボッシュを知らないなんてもったいない。