Logo bosch recruit
Logo bosch
Main text
Main image
Main text sp
Main image sp
SERVICE
事業部門のポジション

通常、ボッシュの事業部門の本部はドイツにありますが、モーターサイクル&パワースポーツ事業部門は、世界の二輪車産業の中心地である日本にグローバル本部を置く形で2015年に設立されました。これは、ボッシュとして、ドイツ国外にグローバル本部を設置した初めての事例となります。当事業部門は、ネットワーク化システム、アシスタンスシステム、パワートレインシステムと電動化の各分野に熟知する情熱あふれるエキスパートを有し、小型二輪車から高性能な二輪車、パワースポーツ全般までを広くカバーする包括的なシステムソリューションを提供しています。また、米国、欧州、インド、中国に支部を展開しており、全世界の二輪車とパワースポーツ車両メーカーの個々の要求により効率的に応えることができるグローバルな体制を構築しています。

01
過去の事例
1984

四輪車向けに設計されたシステムをベースにモーターサイクル用アンチロック ブレーキ システム(ABS)の開発開始

01
1995

モーターサイクル用ABSを市場に初投入

02
1998

パワースポーツ向けに初のパワートレインコンポーネントが登場

03
2007

二輪車向け安全システムのコンピテンスセンターを日本に設立

04
2009

二輪車用に専用設計された「ABS Generation 9」を市場投入

05
2013

二輪車の走行安全性を飛躍的に向上させるモーターサイクル用スタビリティコントロール(MSC)を市場投入

06
2015

二輪車とパワースポーツの関連事業を統合した事業部門「モーターサイクル&パワースポーツ」を新設

二輪車向けに専用設計されたエンジン制御システム関連コンポーネントを市場初投入

07
2016

サイド ビュー アシストを市場投入 - 世界初のアドバンスト ライダー アシスタンス システム

08
2017

インテグレーテッド コネクティビティ クラスターを市場投入 - 二輪車に特化して開発された「オール イン ワン」型ライダー情報コミュニケーションセンター

09
02
現在の事例

ネットワーク化システム

利便性と安全性を高めるネットワーク化ソリューション

01

mySPIN - スマートフォン統合ソリューション

iOSやAndroidベースのスマートフォンを車両に接続。ライダーはスマートフォンの機能やナビゲーションシステムなどのアプリを車両のディスプレイで確認し、ハンドルバーで操作できるようになります。

02

インテグレーテッド コネクティビティ クラスター

二輪車とパワースポーツ車両向けに特化して開発されたディスプレイユニット。雨天や日差しの強い日中など、あらゆる天候下で画面の読みやすさが向上し、的確な情報をライダーに提供します。また、無線LANやBluetoothによってスマートフォンと接続することができ、mySPINとの連動も可能です。

03

二輪車と四輪車の車車間通信(B2V)

半径数百メートル圏内にいる車両同士が、1秒間に最大10回の頻度で、車種、速度、位置、進行方向などの詳細情報を交換します。このテクノロジーによって、ドライバーは、自身や車載センサーが二輪車の姿を捉えるはるか以前に二輪車の接近を認識することができ、事故を未然に防ぐことが可能となります。

アシスタンスシステム

ライディングの喜びはそのままに安全性を向上

03

セミアクティブ ダンピング コントロール ユニット

簡単なボタン操作でライダーの好みに合わせたサスペンション設定が可能に。路面状況を検知する複数のセンサーにより、特にオフロード走行時の走行安定性を高める技術です。このシステムにより、二輪車やパワースポーツ車両の操縦性をさらに最適化できるとともに、快適性と安全性に関する機能のさらなる向上も図ることができます。

パワートレインシステムと電動化

新しいライディング経験と持続可能なパワートレインテクノロジー

01

エンジン制御システム

高度なセンサーシステムとの組み合わせにより、燃料噴射に関する情報を電子制御でコントロール。ライディングの楽しみはそのままに、燃費の向上とCO2排出量の削減に貢献する技術です。

02

小型電気車両向け統合システム

ボッシュの拡張性の高いパワートレインシステムは、小型の二輪車、三輪車、四輪車といった様々な車両に使用できます。システムはモーター、コントロールユニット、バッテリー、充電器、ヒューマン マシン インターフェース(HMI)を採用したディスプレイ、コネクティビティボックス、そしてライダーのスマートフォンと車両をつなぐインタラクティブなアプリで構成されます。ボッシュの電動パワートレインソリューションは0.25~20 kW出力の幅広い車両タイプで拡張可能です。

03
未来の目標
Future

あらゆる地域のニーズに合わせ、”未来のモビリティ”を実現する包括的なソリューションを提供

昨今、安全性のさらなる向上、ネットワーク化、都市化、持続可能性への配慮といったメガトレンドを契機として、モビリティ全体の変革が進みつつあります。それに伴い、二輪車とパワースポーツ車両の未来像も見直しが迫られています。ボッシュはAccident-free(交通事故のない)、Stress-free(ストレスのない)、Emissions-free(排出ガスのない)未来のモビリティを実現することが私たちの使命だと考えています。当事業部門においても、アシスタンスシステム、ネットワーク化システム、パワートレインシステムと電動化の3分野における革新的な技術により、将来のニーズに即した包括的な二輪車とパワースポーツ向けシステムソリューションを提供していきます。 世界における二輪車の需要は、新興成長市場では重要な交通手段のひとつとして、また先進国の大都市圏ではマルチモーダルモビリティの構成要素としてというように、様々なニーズに適した形で増加を続けています。当事業部門はグローバルな視点から、新興成長市場から大都市まで、あらゆる地域のニーズに合わせたテクノロジーを提供します。

MOVIE
ムービー
Thumb movie

平野 亜実

社員紹介:マーケティング&製品広報

Thumb movie2

立﨑 有衣子

社員紹介:事業管理

Thumb movie3

岩城 康太

社員紹介:モーターサイクル&パワースポーツ事業部

PROJECT STORY
プロジェクトストーリー