Logo bosch recruit
Logo bosch

女性も働きやすい環境で

好きな仕事を続けられる喜び。

CHIGUSA KOMINATO
パワートレインソリューション事業部
2014年入社
Image01

F1を観て、クルマが大好きに

私が就職活動の企業選びで大切にしたのは自分の“好き”を仕事にすること、ずっと仕事を続けていける環境があることです。やはり仕事をするなら、“好き”なことで頑張りたい。結婚して子どもが生まれても好きな仕事を続けてキャリアアップも図っていきたい。そのように働ける企業が理想だと考えました。実は大学では化学を専攻。そこで化学分析に興味を持ち、大学4年と大学院での2年間は金属錯体という化合物を研究。成果をスペインやフランスで開催された国際学会で発表する機会ももらい、充実した日々を過ごしていました。しかし、いざ就職活動を前にして将来も働き続ける仕事をと考えたとき、改めて好きな仕事を続けていける環境がとても大事なことだと思えたのです。私が“好き”なのはクルマでした。昔からF1が大好きで、日本で開催されるレースは毎年サーキットに出かけて観戦するほど。そのうちF1以外のレースも観に行くようになりました。もちろんクルマの運転も好きで、休日はよくドライブに出かけます。そのような私ですから、ぜひ働くならクルマに関わることを仕事に選びたいと思いました。

子どもが生まれても好きな仕事を続けられること

私がボッシュを選んだ理由はクルマに関われることはもちろん、「男性社員も育児休暇を取っている」という話を説明会で聞いたから。日本の企業では最近でこそ男性の育児休暇も少しずつ増えているようですが、私が就職活動をしていた5年前はまだまだ珍しい時代でした。当時から女性だけでなく男性の育児休暇取得に積極的なボッシュは、育児休暇を経て仕事に復帰する人の大変さに深い理解があり、女性も安心して仕事を続けられる企業だと考えたのです。実際、入社してみると本当に男性も当たり前のように育児休暇を取得していました。しかも、在宅勤務や時短勤務なども企業として積極的に取り組んでおり、育児や介護などさまざまな事情を持った社員でも柔軟に仕事を続けられる仕組みができています。有給休暇についても私が所属する品質保証部では自分の仕事とのバランスを考慮しながら、年初に有給休暇を組み入れたスケジュールを自分で立てることができ、本当に働きやすい会社だと実感する毎日です。

Image02

夢は海外で働くこと、ボッシュなら叶う

私は入社以来、顧客品質保証部に在籍。仕事の内容は、お客様に提供した製品に不具合が生じたときに工場と連携して原因を特定し、対策を施すこと。工場は海外にあるため、やりとりはもちろん英語。おまけに私が担当する製品はECU(エンジン コントロール ユニット)やセンサー類が中心ですが担当する製品は10以上に及び、新しい技術やシステムなど学ぶことも多様です。そうしたなかでお客様の要求を海外の工場の担当者に的確に伝え、互いに連携して原因を特定し、適切な対策を実行しなければなりません。日本人同士なら感覚で伝わるようなことでも海外の担当者には通用しません。しかも日本の自動車メーカーの品質に対する要求は厳しく、海外では「そこまでしなくても」と驚かれることもしばしば。そうした文化の違いも乗り越えて海外の担当者と協力して問題を解決できたときの喜びは大きく、やりがいを感じます。また、私の仕事はさまざまな製品に関われることも魅力。新しい技術などわからないことも近くにいる設計担当者やエンジニアに聞けば喜んで教えてくれますので、クルマ好きの私としては新しい知識を幅広く吸収でき、刺激的です。私の今の夢は、いつか海外で働くこと。海外の担当者とやりとりするなかで、さまざまな考え方や文化に触れたことで興味も強くなりました。ボッシュならそのような夢も叶えられると素直に思えます。

INTERVIEWS