Logo bosch recruit
Logo bosch

Life In
Germany

ドイツで働く駐在員の声

日本のボッシュから海外のボッシュへ実際に海外に渡り、活躍の場を広げている社員の1日を追ってみました。

Case 1
Jun Sueki

Jun Sueki

2007年 入社
[パワートレインソリューション事業部/人材開発]

ドイツ駐在歴:1年6ヵ月(以降2年駐在予定)
シュトットガルト、シュビバディンゲン勤務

未来のBoschに必要な人材育成についての
コンセプトづくりに携わっている。

Weekday

ドイツ勤務のとある1日

Deco daily
Deco circle fourths right
Work1

7:10 <出社>

朝は6時に起床。6時40分には家を出て、子どもを幼稚園に送り30分ほどで到着。

Work3

7:15 <挨拶>

オープンエリアにて同僚と談笑。一日の仕事の確認も。

Work2
Deco circle
Work4

AM

<アジア各国との電話会議>

時差を考慮し、アジアのビジネスタイムにミーティング。(日本とドイツとの時差は約7~8時間)

Work5

11:30~

<食堂にてランチ>

部署の仲間たち(いつも10人くらい)と楽しくランチ。

Deco daily
Deco circle fourths right
Work6

12:30~

<デスクワーク&ミーティング>

毎週1度あるチームミーティング。スタンドアップで活発に意見が飛び交う。

Work8

Work7
Deco circle
Work9

オフィスにはちょっとしたお菓子やフルーツ、ストレッチマシーンも。

Work10

Work11
Deco circle half left

16:00

<退社>

子供を現地の幼稚園へ迎えに。

Deco circle half right

17:00

<帰宅>

子どもをお風呂に入れて、18時くらいから家族で夕食。

ドイツでの平日について

Weekday

ドイツには長時間働く文化がないので、家族と過ごす時間がとっても増えました。生活も規則正しく、特に子どもが小さいので、接する時間が増えているのは嬉しいことです。

Holiday

好きな休日の過ごし方、
教えてください。

幸いなことに今10名ほどの同期がドイツにきているので、同期とプライベートでもよく会っています。子ども同士の年齢も近いので、お互いの家へ遊びに行ったり、家族で一緒に出かけたりします。ドイツ人の同僚とも時々ディナーに行ったりすることもあります。

この日はドイツ駐在中の同期と食事。ドイツビールで乾杯!

ハンバーガーを食べながら、仕事の話や家族の話など。

お気に入りスポットは?

シュトットガルトから車で南へ2時間ほど行ったところに、スイスとの境にボーデン湖があります。湖に浮かぶ島、マイナウ島は島全体が庭園でとても綺麗です。

教えて!末木さん

海外赴任<素朴なギモン>

  • 1

    何がいちばん大変(不便)ですか?

    最初は、住まいや車など、身の回りの環境整備。あとはやはりドイツ語です。

  • 2

    住むところはどうやって探しましたか?

    リロケーションをサポートする仲介会社に自分の希望を伝え、探してもらいました。自分でもインターネットで調べました。

  • 3

    言葉の壁を感じることはありますか?

    あります。役所などは基本的にドイツ語。また、会議の中でもドイツ語の理解を求められることも。でもそこは挑戦と思って、自分が成長する機会と捉えています。

  • 4

    日本には年に何回くらい帰ってますか?

    ざっくり年1回です。

  • 5

    食事は合いますか?

    重たい(笑)。日本人としては日本食が恋しくなります。

  • 6

    日本との文化の違いは?

    日本のボッシュもそうですが、それ以上にONとOFFがかなりはっきりしています。個人主義なので、自分の仕事の役割をバシっと決め、それをやりきったら帰る人が多いです。

Short Interview

海外赴任って、
実際どうですか?

私の場合は、小学生の頃、アメリカに5年ほど住んでいた経験もあり、いつかは外国に出て仕事したいなと学生時代から思っていました。ですから海外赴任も自ら志望しました。現在ドイツに来て1年半ですが、家族も含めようやく慣れてきたところです。実際に働いてみると、ドイツ語や、伝えるタイミング、カルチャーの違いに難しさを感じることが多々あります。でも、どれもチャレンジだと思って楽しんでいます。来る前は「ドイツ人に日本人は太刀打ちできないんじゃ?」と思っていましたが、実際はそんなことなくて「みな同じ人間なんだ」と思うことができました(笑)。私は今、人事として「その人がすべき仕事に対して、どのくらいのスキルがあるか」を確認する担当なのですが、「データを通して、末木さんと話せて非常に良い振り返りになった」と、ドイツ人から言われた経験は「海外でもやれる!」という自信につながりました。人事という仕事上、今まで海外赴任というケースはあまりなかったのですが、自分が成果・実績を残すことで、後輩にもチャンスが生まれるといいなと思っています。