自分らしく、高いレベルの
ものづくりに関わっていける。

平尾 寛晃 Hiroaki Hirao
シャシーシステムコントロール事業部
パッシブセーフティ部門 栃木工場
2013年入社

ある1日の流れ

  • 8:45
    出社(栃木工場)
    メールチェック後、現場のメンバーと朝会を行い、その後、生産設備の改善。また新規設備や設備改善に向けた準備を行う。
  • 12:15
    LUNCH
    食堂で同僚とランチタイム(300円ほど)。
  • 13:00
    MTG
    設備の保全ミーティングを行い、設備改善の準備および調査。その後、海外とのミーティングを行う。
  • 17:45
    退社
    当日のまとめを行い、退社する。
好きな機械いじりを、<br>仕事に活かす。

好きな機械いじりを、
仕事に活かす。

大学時代は自動車部でモータースポーツをやっていて、元々自動車や機械を触るのが好きだった経緯もあり、製造技術の仕事を選びました。現在は、圧力センサーの組立ラインを担当しており、生産性や、不良率の改善に取り組んでいます。例えば1シフト8時間、ラインを稼働させた時に製品が理論上何個できて、実際にできたのは何個か。一般的に85%程度で良いラインと言われるのですが、私どものラインは95%以上。その状況下でさらに効率化する作業をやっています。高いレベルのものをさらに改善するという難しさはありますが、設備を多方面から分析し、自分の意思で改善することができます。例えばロボットの動作を変えてみようと思った時に、すぐにシステムを変更し、動作時間が減った時などには、とてもおもしろみを感じますね。

ドイツと日本の技術力の融合こそが<br>クオリティを向上させる。

ドイツと日本の技術力の融合こそが
クオリティを向上させる。

ボッシュのものづくりのレベルの高さのベースには、ドイツの文化が関係しているのかなと感じます。ドイツでは、例えばドクターやマイスターなどという肩書や称号を持つ人がいて、技術力を持つ人を、会社がきちんと評価する文化があります。もちろん日本の技術力も世界基準で考えると高いので、そこに日本の良さも組み合わさって、ボッシュのものづくりのレベル向上につながっていると思います。私の感じるものづくりの魅力は、部品状態のものを、組み立て、完成品が出来上がるのを見られること。またボッシュジャパンという観点でみると、縦割りで役割分担がはっきりしているドイツに比べ、より幅広くさまざまな製造ラインや技術に関われることも、私にとっては魅力的です。

男性の育児参加も、<br>積極的にできる。

男性の育児参加も、
積極的にできる。

学生時代イギリスにボランティア留学し、ヨーロッパの働き方に影響を受けて、ワークライフバランスのいい会社を志望しました。そういった経緯もあり、男性ですが、2〜3カ月の長期育児休暇(育休)を取得しました。栃木工場ですとまだ珍しいのですが、次に育休を取得する人のためにも、会社の今後のためにも、思い切って取得しました。実際に休んでみて、育児の大変さを痛感しました。上の子を見ながら下の子の世話を、奥さんと私の二人で分業してできたので、力を合わせながら良い育児ができたと思います。上司や同僚も協力的で、育休中は仕事のことを忘れて専念することができました。戻った時の働きづらさも全然なくてスムーズに今まで通りに戻ることができました。そういう風な気持ちの良い労働環境もボッシュならではかもしれませんね。

OTHER INTERVIEW 生産技術

  • 開発

    飯尾俊哉
    2016年入社

    Interview

    一人ひとりの良さを引き出し、
    進みたいキャリアパスを
    真摯に後押ししてくれる環境。
  • 開発

    菅谷 樹
    2018年入社

    Interview

    自分の携わった製品が、
    世界中を駆けめぐる。
  • 開発

    中野良二
    2006年入社

    Interview

    世の中にどう役立てるか
    という視点を持ってこそ、
    エンジニアリング。
  • 製造

    山田なつ紀
    2012年入社

    Interview

    目の前のことを楽しめる人が、
    ボッシュで輝ける人。
  • 開発

    サンムガ アルムガム
    2017年入社

    Interview

    海外の良さも、日本の良さも、
    古きも新しきも、存在する会社。
  • 開発

    石川 陽一
    2012年入社

    Interview

    テストドライバーとして。
    エンジニアとして。
    車の安全を作っていく。
  • 生産管理

    大葉 美佳
    2018年入社

    Interview

    責任重大な仕事にも、
    積極的に、のびのびと
    取り組める。
  • 開発

    尾崎 圭次郎
    2010年入社

    Interview

    日本から、
    世界の技術をリードする
    未来をつくる。
  • 開発

    山本尚幸
    2015年入社

    Interview

    フラットに、
    人を大事にする環境が、
    成長を支えてくれる。
  • 開発

    倉田博之
    2015年入社

    Interview

    自分の好きを仕事にする
  • 開発

    浦野雄大
    2018年入社

    Interview

    独立系サプライヤーだからこそ、
    世界中の車に貢献できる。
  • 開発

    品田俊介
    2009年入社

    Interview

    時代の進化にあわせて、
    世界規模で、
    社会貢献ができる。
  • 開発

    原 怜央
    2017年入社

    Interview

    100年に一度の変革期に、
    業界を支える推進力になりたい。
  • 開発

    小菅由貴
    2009年入社

    Interview

    多くの国・文化に触れ、
    自らの視野を広げていく。
  • 開発

    水梨 勇河
    2017年入社

    Interview

    海外駐在で培った知見を
    日本で活かす責任。