Logo bosch

世界初のモーターサイクル用運転支援機能を、

世界中のライダーに使ってほしい。

YUKI OSHIDA
モーターサイクル&パワースポーツ事業部
2012年入社
Image01

モーターサイクルの世界基準をつくる

モータースポーツに興味をもったのは大学時代、自動車部へ入ったのがきっかけです。就職活動では自動車業界を志望し、運転支援機能の開発をしたいと思っていました。そして、新卒で入ったカーナビゲーションメーカーを経てボッシュへ転職。最初はモーターサイクル用ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)のバルブやモーターを制御するソフトウェアの開発を担当しました。入社して3年後にモーターサイクル用の運転支援機能開発プロジェクトに携われるチャンスが訪れ、「ぜひやりたいです」と志望して参加しました。運転支援機能はクルマでは一般的になってきましたが、モーターサイクルでは世界初の試みです。日本が開発拠点となり、将来の世界基準となる機能をつくっています。もちろん前例はないため、モーターサイクル特有の設計やテストで悩むことも少なくありません。たとえば、走行中の傾きはどこまで制御したらいいのか。このようなとき、ボッシュのグローバルな環境はとても心強いです。色々な国のメンバーが同じトピックに関わっているので慎重論もあれば、思いもよらない大胆な意見もあります。これらを掛け合わせて課題を解決していくのは刺激的で、おもしろいですね。

ユーザー視点のものづくり

モーターサイクルはクルマよりも趣味性が高く、仲間とのツーリングなど遊びで使いたい人が多くいます。そのため、運転支援機能はライディングの楽しみを奪うと誤解されることも少なくありません。この点をモーターサイクルメーカーの方も気にされます。しかし、試乗会で乗ってみると例外なく「いいね」と言ってくれる。楽しさを奪うのではなく、ライダーを助ける機能だと直感的にわかるようです。エンジニアがユーザー視点をもてるのは、ボッシュの開発環境が影響していると思います。ソフトウェア開発だけでなく、車両の点検から走行テストまですべて自分でやるからです。ソフトウェアの数値がライディングに与える影響が体感でき、ゼロから自分でつくっている感覚がもてます。一方でソフトウェア、車両、ライディングに対する知識やスキルの向上が重要になります。たとえば走行テストでは同じシチュエーションを安定してライディングで再現できないと、ソフトウェアの数値を変えて生じる車両への影響はわかりません。私の場合、モーターサイクルに乗るようになったのはボッシュへ転職してからです。プロ顔負けのライディングテクニックをもつ上司がトレーニングをしてくれ、いまでは濡れた路面、デコボコの路面などでも走行テストができるようになりました。

Image02

世界中のライダーへ安全を

私はプライベートでもサーキットへ行き、クルマでドリフト走行などを楽しんでいます。平日のほうが空いていて走りやすいので、ボッシュの休みの取りやすさは魅力的です。仕事でフラストレーションが溜まっても、ストレス発散して次の日からがんばれます。また、家族に小さな子どもがいるので、朝面倒を見てから会社へ行きたいと思ったときでも大丈夫。仕事と家庭のバランスはすごく取りやすいです。そして2018年、私の仕事と家庭に大きな変化が訪れます。以前から希望していたドイツへの転勤が決まったのです。ヨーロッパのお客さまのためのモーターサイクル用運転支援機能開発プロジェクトをリードしていく責任重大なミッションです。いまは転勤に向けて社内の語学研修でドイツ語を学んでいます。コミュニケーションスキルも磨いて、世界で活躍できるエンジニアに成長できれば、ドイツでのプロジェクトも成功するはずです。運転支援機能を搭載したモーターサイクルにひとりでも多く、世界中のライダーに乗ってほしい。今後もライダーの安全を支える面で社会に貢献していきたいです。

INTERVIEWS