Logo bosch recruit
Logo bosch

Life In
Germany

ドイツで働く駐在員の声

日本のボッシュから海外のボッシュへ実際に海外に渡り、活躍の場を広げている社員の1日を追ってみました。

Case 5
Rihito Iida

Rihito Iida

2007年 入社
[シャシーコントロール事業部/プロジェクトマネージメント]

ドイツ駐在歴:4ヵ月(以降約3年駐在予定)
アプシュタット勤務

乗用車向けブレーキシステム(=ペダルを踏んできちんと車が止まるまでの一連の部品)を開発し、
量産化するまでのプロジェクトをマネージメントしている。

Weekday

ドイツ勤務のとある1日

Deco daily
Deco circle fourths right
Work1

8:00 <出社>

会社まで高速道路で30分。日本とのテレコンがある場合は7:30に出社。

Work3

AM

<日本及びお客様とのミーティング>

日本の開発メンバー、欧州側プロジェクトメンバー、日本の自動車メーカーとの会議(テレコン)をメインの業務として午前中に必要な情報を入手。

Work2
Deco circle
Work4

12:00〜

<ランチ&コーヒーブレイク>

食堂では約5種類のメニューとサラダバーなどがあり、その日の気分でセレクト。月~木は職場の同僚と、金曜日は日本人と一緒に食事。

Work5

PM

<工場との生産調整など>

担当製品の工場(ドイツ、ポルトガル、ポーランド)、プロジェクトメンバーと製品量産立ち上げまでの調整。お客様(日本の自動車メーカーの欧州支社や工場)との打ち合わせ。

Work6
Deco circle half left

Deco circle half right

17:30

<退社>

車での帰宅。ドイツのアウトバーンには速度無制限区域があり、左車線からものすごいスピードで追い抜かれることもある。安全に注意して帰宅。

ドイツでの平日について

Weekday

ドイツは1日当たり10時間の労働ルールがあるので、時間の使い方に対する意識が変化し、自然と家族との時間も増えました。ただ、まだドイツに来て4ヵ月なので、役所関係の手続きとか仕事以外のところで結構時間を使っていたりしていますね。

Holiday

好きな休日の過ごし方、
教えてください。

近所にある公園でのひととき。このステキな公園が近所にあることも、住居選びの決め手となりました。暖かくなったらまたお弁当持ってピクニックに行きたいと思っています。

近所にある宮殿。場内には公園などもあり、子どもにとっても住みやすい街だと感じ、Ludwigsburg(ルートヴィヒスブルク)に住むことにしました。

お気に入りスポットは?

[南のテネリフェ島(大西洋の楽園)]
クリスマスは南のテネリフェ島(大西洋の楽園)へ避寒しに。スペイン領カナリア諸島に属する島。常春と言われ、とても過ごしやすかったです。

教えて!飯田さん

海外赴任<素朴なギモン>

  • 1

    住むところはどうやって探しましたか?

    赴任の2ヵ月前に家探しに来たのですが、なかなかいい物件がなく見つけることができませんでした。そんなときボッシュで働いている方が3年間メキシコに出向するので、その間家を貸す人を探しているとの情報が入り、すぐにその方に電話をして入居したい旨を伝えました。

  • 2

    日本には年に何回くらい帰ってますか?

    まだ赴任して4ヵ月ですが出張で2回帰っています。プロジェクトの状況に応じてですが今後は仕事や、一時帰国で年2~3回ほどかと見込んでいます。

  • 3

    食事は合いますか?

    Käse spetzel(ドイツ風パスタのチーズ和え)が大好物です。でもすでに日本食が恋しいです。特に新鮮な魚介。

  • 4

    日本との文化の違いは?

    ドイツは日本とは逆でLow Context文化の色が強いので、はっきり伝えないと伝わらないし、要求もストレートに言われることが最初は戸惑いました。

Short Interview

海外赴任って、
実際どうですか?

もともと私は開発業務を行っていて、ブレーキのマスターシリンダーのデザインをしていました。開発サイドより、もう少しお客さんと近いところで話がしたいという想いがあり、プロジェクトマネージメントを希望して異動しました。ドイツへの赴任については、もともと子どもの頃にアメリカのボストンに2年間住んでいたこともあり、いつかは海外で働きたいと思っていて、会社にもその意思を伝えていました。実際に来てみると「人が潤沢」なイメージがあります。各自やるべき役割が決まっていて、その仕事をそれぞれが頑張るので、スピード感がありますね。逆に自分の役割以外の仕事を把握している人が少ないので、キーパーソンを探すのには苦労しています。また、ドイツに来てまだ4ヵ月ですが、たとえば、日本にいるときは気にしていなかった諸外国の企業活動が、こちらに来るとその大事さに気づいたりします。「今まで見えていなかったものが見えてきた」のはいいことだと思いますし、やはり異文化の中で体験ができるというのが大きくて、日本ではできない経験をさせてもらっていると思います。