Logo bosch recruit
Logo bosch
What’s
Text kaigai
Circle
Text funin
Bg world
海外で働きたいと思っていても、具体的に思い描くのはなかなか難しいものです。海外赴任の魅力や、駐在員ならではの体験、家族の想いなどを通して、諸外国のボッシュで働くということを、ちょっとだけイメージしてみませんか?
海外で働きたいと思っていても、具体的に思い描くのはなかなか難しいものです。海外赴任の魅力や、駐在員ならではの体験、家族の想いなどを通して、諸外国のボッシュで働くということを、ちょっとだけイメージしてみませんか?
Introduction2
Introduction1
現在、様々な国で、
ボッシュ社員が活躍しています。
ボッシュ・グループは、子会社を含め、世界約60ヵ国にある現地法人で構成されています。現在、世界120の拠点で約5万9,000人の従業員が研究開発に携わっており、その中で日本人の駐在員も多く活躍しています。
ボッシュ・グループは、子会社含め、世界約60ヵ国にある現地法人で構成されています。現在、世界120の拠点で約5万9,000人の従業員が、研究開発に携わっており、その中で日本人の駐在員も多く活躍しています。

先輩駐在員に聞きました!

海外赴任のここがいい!

  • 1

    異文化コミュニケーションが学べる

  • 2

    異文化に対して寛容になれる

  • 3

    日本を客観的に見られ、より好きになる

  • 4

    海外のいろんな人とパイプができる

  • 5

    早い出社と退社。家族第一の生活

  • 6

    家族ともに貴重な経験になる

  • 7

    世界で仕事をする自信がつく

  • 8

    (ドイツの場合)欧州各国へ旅行しやすい

Interview1 1

Column1

駐在員と日本の経営陣の
懇親会が行われることも

2017年の年末には、ドイツに駐在している社員と、ボッシュジャパン経営陣との懇親会が、シュトットガルト郊外のレニンゲンの研究センターにて行われました。

懇親会は、社長のクラウス・メーダーの挨拶からスタート。豪華なディナーとお酒が振る舞われ、会場は終始リラックスムード。

Column1 1
Column1 2

しかし、歓談だけでは終わらないのがボッシュ・スタイル。リーダー層を含む7チームで、各テーブルに別れビジネスゲームが始まりました。各リーダーが「今後の自動車業界」、「2018年の抱負」などのテーマを語り、他のチームがそのスピーチに出てくる言葉を、当てていくのです。

経営層も一般社員も、意見が活発に飛びかい、自由にふれあう、フラットな雰囲気でした。

Column1 3

先輩駐在員に聞きました!

こんな人が、
海外赴任に向いている!

  • 1

    失敗を引きずらない人

  • 2

    異文化を、楽しみ、許容できる人

  • 3

    新しい環境にワクワクできる人

  • 4

    言葉が話せなくても臆さない人

  • 5

    赴任先の国や人に敬意を持てる人

  • 6

    積極的/自発的な人

  • 7

    笑顔が多く、気配りのできる人

  • 8

    期待以上の答えを出したい人

  • 9

    確固たる考えを持ち、発信できる人

Interview2 1

Column2

ときには
駐在中の家族同士で
にぎやかにディナー

ドイツでの仕事や生活に慣れている駐在員も、ときには「日本人だけで交流する」ことが気分転換に。この日は、気の知れた家族同士「オール日本語」でにぎやかに盛り上がりました。

Column2 1

ドイツビールを片手にみんなで乾杯。各家族、職場や子どもの年齢が近いこともあり、普段から連絡を取り合っていて、とても仲の良い印象。

この日は週末の過ごし方や、日々のお買い物、オススメのショップの情報を共有しあったり、幼稚園や保育園などのお話、イベントの予定を一緒に立てたりなど、話題は尽きることなく、とても時間がはやく過ぎていきました。

Column2 2
Column2 3
Deco circle fourths right

冗談を言い合いながら、笑いの絶えない充実した休日でした。

奥さんたちにも、お話を聞いてみました!

ドイツ生活、実際どうですか?

週末は同僚のドイツ人と、
女子会旅行することも!

私自身もボッシュ社員で、ドイツ赴任歴3年目です。今年、夫がフランスからドイツに来て、2人での生活が始まりました。週末はお互いの時間を大切にしています。職場には日本人がいないので、ドイツ人の友達も多く、週末も一緒に旅行などをして楽しんでいます。

渡辺さんの奥さん:ドイツ生活3年

ドイツは子育てしやすい印象です!

娘と2人でお出かけすると、おじいさんやおばあさんから、すごく話しかけられます。娘が泣いていたりすると、おやつやケーキや、パンをくれて……。電車の中でも、子どもと遊んでくれるようなあたたかい雰囲気で、そういう意味では肩身が狭くならないですね。

飯田さんの奥さん:ドイツ生活4ヵ月

幼稚園にも無事入園できました!

ドイツの保育園や幼稚園も、日本と同じく待機児童が多く、なかなか見つからなかったのですが、無事、幼稚園に通わせることができました。子どもはもちろん言語の壁などないので、時々家でもドイツ語で話しています。1年過ぎたあたりから、生活に余裕が出てきて楽しめるようになってきました。

末木さんの奥さん:ドイツ生活1年半

日本人つながりも当然貴重です!

日本と比べると、ドイツ人はサービス業だとしても笑顔が少なくて、ドキっとする瞬間があります。話すとみんないい人なのですが……。そういう意味でも、同僚の日本人家庭の存在はとても頼もしいです。同じ年の子どもがいる家族とは、よく情報交換をし、週末なども交流しています。

矢代さんの奥さん:ドイツ生活1年半

※取材時2017年12月