車っておもしろい。
ボッシュはそう思わせて
くれる会社。

田中薫 Kaoru Tanaka
パワートレインソリューション事業部
2015年入社
ボッシュの社員が、<br>車の魅力を教えてくれた。

ボッシュの社員が、
車の魅力を教えてくれた。

大学時代はイギリスで細菌や動物のDNAや、タンパク質の研究を行っていました。当時の私は自動車に対する興味が薄く、ボッシュといえば家電というレベルで、労働環境と外資系という点に惹かれ志望していたという状態でした。しかし、面接を重ねるうちに、人事の方から逆にロンドンのタワーブリッジにボッシュの技術が使われている話や、自動運転やクリーンディーゼルの話などを聞き、どんどん興味が湧いていったのです。ちなみに1回目の面接は在学中にイギリス、2回目以降は卒業後に日本で行い、10月に内定式、11月から働くという少し変則的なスケジュールでの入社。通常とは違う少し変わった経歴でも受け入れてくれるフレキシブルさにも、ボッシュらしさを感じました。

知れば知るほど、<br>おもしろくなっていく。

知れば知るほど、
おもしろくなっていく。

入社後、自動車がどんどん好きになっていくうちに、学生時代は知識ゼロの私が、今では営業でありながら技術についても話せるようになりました。電動化の知識を得るために、開発拠点であるドイツへ渡り、エンジニアやマーケティングのスタッフから直接トレーニングを受けたこともありました。もちろん好きになっているので、自宅で専門書を開くことも多くなりました。以前は、東京モーターショーでブースに立ち、製品説明を担当したこともあります。知識に自信はあったのですが、ボッシュブースを訪問される方の中には、さらにシステムに詳しい技術者の方も多く、そのやりとりの中で、製品に対する理解をさらに深められると実感できたのはいい経験になりました。

気持ちよく働きながら
夢に近づいていく。

通常時は、営業という仕事上、お客様と会うことが多いです。細かな点ですが、ボッシュは出張時に出張手当はもちろん、就業時間外の移動手当や食事代なども支給され、社員が快適に働くことができるためのシステムが整っています。ほかにも、フレックス制度や有給休暇、育児休業等の制度もあり、しかも利用するのが当たり前。私が就職活動の際に大切にしていた、働きやすい環境のなかで仕事ができています。もちろん将来は、大学のときと同じように海外に飛び出したい。そして、営業だけにとらわれず、エンジニア寄りの仕事にも挑戦してみたいですね。

OTHER INTERVIEW 営業

  • 人事

    鬼塚郁実
    2019年入社

    Interview

    若手でも女性でも、責任ある仕事に
    思いっきり取り組める。
  • 営業

    野村一成
    2019年入社

    Interview

    好きな「バイクと、
    人との対話」を通して、
    世界との接点がもてる。
  • 営業

    加藤恵
    2012年入社

    Interview

    人を大事にする会社で、
    つながりを大事にしながら、
    仕事を推し進めていく。