Logo bosch

Bosch Seasonal Internship

エンジニアの働き方やボッシュの文化について経験できる短・中期プログラムです。
今回はサマーインターンシップに参加し、2017年にボッシュへ入社したガソリンシステム事業部の大仁田さんへインタビュー。参加したきっかけやプログラム内容などについて聞いてみました。

参加したきっかけ

サマーインターンシップに参加した理由は?

将来は自動車業界で働きたいと思っていました。その中で、自分が研究している燃料電池と近い内容のプログラムだったのが決め手になりました。

seasonal1

ボッシュについて最初から知っていた?

正直、よく知りませんでした(笑)。
でもインターンシップをきっかけに、ボッシュは世界中の自動車メーカーへ部品を提供している企業だとわかり、むしろB to Cの自動車メーカーより広い範囲でクルマに関わる仕事ができると感じました。

プログラムの内容

参加期間はどれくらい?

僕の場合は1カ月半でした。インターンシップは1週間くらいのイメージがあったので、始まる前は少し長いかなと思っていましたが、始まってみるとあっという間。もう少し長くいたかったですね。

仕事の内容は?

エンジン内に燃料を噴射するインジェクターの性能試験です。先輩社員と一緒に実験室でさまざまな試験を行い、データを整理して、最終的に課長に発表しました。
インターンシップ用のプログラムではなくボッシュのリアルな仕事なので、実務経験ができる貴重な機会でした。

実務経験の感想は?

大学院と企業では明確に違う点がありました。大学院の研究では新しい発見をすれば、時間やコストがかかっても学術的に評価されます。
しかし、利益を追求する企業の実務ではまず効率が求められ、いままでの自分の考え方だと対応できないと感じました。

seasonal2

英語での仕事は?

チームの半数は外国籍の方でしたが、日本語ができたので英語を話す機会は少なかったと思います。
ところが最後の試験結果の発表は英語でした。僕は英語ができなかったので、ひたすらセリフを覚えました(笑)。

社員とのコミュニケーションは?

外資系はドライなイメージを持っていたのですが、いい意味で裏切られました。インターンシップの初日からみなさんがフランクに声をかけてくれるのです。
業務でわからないことがあっても先輩から声をかけて教えてくれたり、こちらから質問してもていねいに答えてくれたり、とても温かい雰囲気で仕事がしやすい印象を持ちました。

就職活動を振り返って

志望業界は?

就職活動を始める際はフラットな視点を持ちたかったので、自動車業界にとらわれずいろいろなメーカーを見ていました。
一方でボッシュのインターンシップに参加した影響があり、どの説明会へ行っても少し物足りなさを感じたのも事実です。

ボッシュへ入社を決めた理由は?

少し大げさですが、地球を巻き込んで仕事ができる環境だと思ったからです。
ボッシュの部品は世界中の自動車に使われているので国や地域、メーカーの垣根を超えたスケールの大きな仕事ができるとインターンシップを通して感じました。

seasonal3

ボッシュに入社してみて

現在の仕事は?

ECU(エンジンコントロールユニット)の開発に関わっています。
簡単に言うと、エンジンをかけて“ブルン”と鳴ってから10秒が勝負の仕事です。たとえばアラスカとアフリカでは気温、湿度などがまったく違います。地域ごとに最適なスペックを実装することで、きちんとクルマは動くようになるのです。

今後の目標は?

まずは自分が主導する仕事でクルマを動かせるようにしたいです。いずれは自分が開発したエンジンを載せたクルマが、世界中で走るようになってほしいですね。

学生からの気になるポイント

英語ができなくても大丈夫?

英語については、あまり気にしなくて大丈夫だと思います。僕もまったくできませんでした(笑)。
たとえば、外国人が片言の日本語で話してきても意味はわかりますよね。伝えたい想いがあれば通じるものです。

seasonal4

自分の専攻と違っても大丈夫?

僕も自分の研究とすべてが合致しているわけではありませんでした。いちばん気をつけていたのは、わからないことは積極的に聞く。先輩たちはプロのエンジニアですから、いろんな考え方やアドバイスがもらえてとてもいい勉強になりますよ。

インターンシップは参加したほうがいい?

興味のあるプログラムがあったら絶対に参加したほうがいい。
とくにボッシュのサマーインターンシップは、実務経験が積めることがとても魅力です。僕自身、大学院と企業の研究に対する考え方の違いに気づいたことは大きかったです。少しでも興味があったら、ぜひエントリーしてみてください。

応募方法

Coming soon !!