Logo bosch recruit
Logo bosch

Life In
Germany

ドイツで働く駐在員の声

日本のボッシュから海外のボッシュへ実際に海外に渡り、活躍の場を広げている社員の1日を追ってみました。

Case 3
Yuta Yashiro

Yuta Yashiro

2008年 入社
[パワートレインソリューション事業部/ パワーエレクトロニクス開発部]

ドイツ駐在歴:1年5ヵ月(以降約2年半駐在予定)
バーデン=ヴュルテンベルク州タム勤務

電動化(EVやハイブリッド)システムに関わる、コンポーネントの技術開発をしている。

Weekday

ドイツ勤務のとある1日

Deco daily
Deco circle fourths right
Work1

8:30 <出社>

子どもを幼稚園に連れて行った後、車で出勤。

Work3

Work2
Deco circle
Work4

8:45

<同僚とコーヒータイム>

カフェスペースで同僚と集まって談笑。ドイツでは誕生日の人が、パンやお菓子を持って振る舞ったりする習慣がある。この日は、クリスマスに向けて少しずつ食べていくシュトーレンも。

Work5

Deco daily
Deco circle fourths right
Work6

AM

<メールの処理>

日本側からの問い合わせメールに対して返信。

Work8

11:30〜

<ランチ>

食堂とお弁当の割合は5:5。奥さんの作ったお弁当を持参して昼食することも。

Work7
Deco circle
Work9

PM

<確認事項の処理&ミーティング>

日本と午前中に発生した確認事項を処理したり、チームのグループミーティングに参加。

Work10

Work11
Deco circle half left

17:30

<退社>

家族の待つ家へ急ぐ。ドイツの冬の夜は、とても暗いので車の運転は注意が必要。

Deco circle half right

ドイツでの平日について

Weekday

まさに今は、開発している楽しさで満たされています。たとえばEV(電気自動車)においてお客様から「電圧は何百ボルトで動かすこと、パワーは何キロワット出す」などの要求に対して、答えられるよう、自らコアのコンポーネントを開発できているというところに、とてもやりがいを感じています。

Holiday

好きな休日の過ごし方、
教えてください。

シュトットガルト近郊は自然豊かな場所が多いので、近所の公園に散歩に行ったり、軽食を持って、ピクニックに出かけたりすることがお気に入りです。

シュトットガルト中央駅からほど近い場所にあるヴァイセンブルク公園。小高い丘を登るとレストランがあり、夏はテラス席でゆったりとしたひと時を楽しんでいます。

お気に入りスポットは?

[Burg Hohenzollern(ホーエンツォレルン城)]
ドイツ三大名城の一つ。雲がかかっている姿は、まさに天空の城。シュトットガルトの南部にあります。

教えて!矢代さん

海外赴任<素朴なギモン>

  • 1

    住むところはどうやって探しましたか?

    インターネットで探し、契約は会社のサポートがありました。

  • 2

    ドイツ語しか通じないところもありますか?

    たとえば、パン屋さんなど、小さいお店ほど通じなかったり、意外と役所みたいなところは他言語が好まれない雰囲気を感じます。こちらに来て「ああ意外とこれはハードルが高いな」って思いました。

  • 3

    食事は合いますか?

    これが意外と好みにあっています。以前に出張で来ていた頃は、ボリュームが多かったりとかこってりしていて、毎日食べたりするのはどうなんだろうって思っていましたが、意外と来てみたら食べられるなと思っていて。月に3回くらいはレストランで食べたりもしますし。

  • 4

    日本との文化の違いは?

    日本のサービスに慣れていると、ドイツのサービスを不便に感じます。でも、ドイツではそれが当たり前という文化があります。

Short Interview

海外赴任って、
実際どうですか?

私は小さい頃から、ラジコンやミニ四駆が好きで、よく渋谷の東急の屋上にあったサーキットで走らせていました。それが学生時代のモーターへの興味につながり、今やボッシュで車両の電動化開発に関わっている。本当に今、やりたかったことができている状況でありがたいです。ドイツでしかできない開発部分もあるので来て良かったです。とはいえ、苦労もあります。私のいる事業部は過去にドイツとばかり仕事をしていた部なので、重要な資料がほとんどドイツ語。1年半経った今でも、辞書を引きながらコツコツと調べています。また生活面でも面食らうことがありました。たとえば家にインターネットや水道の工事が来るという時に、最初から「あなたの家はこの日のこの時間です」と決められている。もし変更するなら「別途費用がかかる」と。日本のサービスとの違いに最初は戸惑いましたが、そういったことに柔軟に対応できるようボッシュでは、好きなタイミングで仕事できるようになっているので、今なら問題なく対応できると思います。