人を大事にする会社で、
つながりを大事にしながら、
仕事を推し進めていく。

加藤恵 MEGUMI KATO
エレクトリカルドライブ事業部
2012年入社
ボッシュで求められるのは<br>「あなたはどう考えるか」

ボッシュで求められるのは
「あなたはどう考えるか」

前職では日系の企業に勤めていました。ですから、ボッシュに入社した当初は驚くことが沢山ありました。オフィスに外国人社員が多くいることや、社食のメニューに英語表記があること。そして、上司がドイツ人ということもあり、英語で会話や報告をすることも、それまでとは全く違う経験でした。ボッシュでは自分の意見を持つことがとても重要です。日本の会社にいる時は、上司の指示に従って働くスタイルでしたが、ボッシュでは逆に「あなたはどう考えていますか?」と聞かれることがほとんどです。ですから、自ら考えイニシアチブをとって動ける人が、多く活躍しているように思います。もちろん、自主性や意見を求められる分、直属の上司や、さらにその上の役職者とも、カジュアルに会話ができる雰囲気があって、とても風通しのいい会社だと思います。

お客様との信頼関係を<br>実感することが喜び。

お客様との信頼関係を
実感することが喜び。

私は、自動車のワイパーシステムやエンジンクーリングファンモデュール、パワーウィンドウ用モーターなどを開発する、エレクトリカル・ドライブ事業部に所属しています。6年目からプロジェクトマネジメントにジョブローテーションし、その役割や働き方を学ぶために、事業部の本部があるドイツに2年間の任期で赴任しました。プロジェクトマネジメントは、お客様から部品開発を受注後、決められたスケジュール・予算通りに、要求の品質を実現するために管理する仕事です。お客様の望む部品を望む期間で納めるために、プロジェクトを確実かつ円滑に進めることがミッション。お客様と会話をしながら仕事を進める中で、関係が徐々に育ち、お互いに信頼が生まれているなと感じる時が、一番の喜びであり楽しみです。

ボッシュの好きなところは、
人にやさしいところ。

ドイツで駐在していた頃の生活は、朝の8時に出勤し夕方5時~6時に帰るというもの。仕事後は、他国の駐在員とご飯を食べに行ったり、ジョギングをしたり、本を読んだり充実した時間を過ごしていました。ドイツへの赴任は、キャリアアップするためにいい勉強になるだろうと、上司や会社が考えてくれた上で実現しました。働く時間をコントロールして有意義な時間を過ごすことができたり、自分のキャリアの道筋を作ってくれる人がいたり、「人にやさしい」のがボッシュのいいところ。今後も、社内のメンバーの架け橋になって、周りをうまく巻き込みながらビジネスを作り上げていく働き方をしていきたいです。新入社員さんに期待することですか?「謙虚かつ意欲的に」ですかね(笑)。意欲的な人は歓迎されどんどんチャンスが巡ってくる会社ですよ。

OTHER INTERVIEW 営業

  • 管理

    鬼塚郁実
    2019年入社

    Interview

    若手でも女性でも、責任ある仕事に
    思いっきり取り組める。
  • 営業

    野村一成
    2019年入社

    Interview

    好きな「バイクと、
    人との対話」を通して、
    世界との接点がもてる。
  • 営業

    田中薫
    2015年入社

    Interview

    車っておもしろい。
    ボッシュはそう思わせて
    くれる会社。