Logo bosch

相手の立場を考えることで、

世界と日本はもっと身近になれる。

SHIORI TANAKA
ガソリンシステム事業部
2015年入社
Image01

文系でも車づくりに携われる

もともと海外志向があり、文学部で外国語を専攻していた大学時代。しかし、就職活動をはじめたときには、幼い頃から好きだった車に関われる仕事、特に開発段階から携わりたいと思うようになりました。文系の自分でもなんとか車づくりに関われる方法はないかと考えた結果、営業職という選択肢にたどり着きました。それからは営業職という軸で自動車業界の企業を調べていたところ、出会ったのがボッシュでした。私がボッシュに惹かれた理由は主にふたつあります。ひとつは、独立系の自動車部品メーカーであるということ。自動車メーカーの場合、自社ブランド以外の車に携わることはできませんが、ボッシュは世界中のあらゆる自動車メーカーと関われるので非常に魅力的でした。もうひとつは、国をまたいで仕事ができるということ。プロジェクトを進めるうえで海外拠点との関わりが多く、言葉や文化背景の違いを乗り越えてコミュニケーションをとる経験は、自分自身のスキルアップにつながると思いました。2015年に入社してからは、ガソリンシステム事業部営業職に従事。国内自動車メーカーのお客様を担当しており、やりたかった車の開発過程に関われているので、非常にやりがいを感じています。

担当製品のあらゆることが私の仕事

現在、私が担当している製品カテゴリーは大きくふたつあります。ひとつはクランクシャフトから計測するエンジンの回転数やエンジン内の油圧を測定するパワートレインセンサー。もうひとつは、排気ガスの酸素濃度を計測するラムダセンサー(O2センサー)。それぞれのカテゴリーで担当している製品を合わせると全部で8種類ほどになります。もちろん、上司に進捗の報告、相談、決済を得ることやレポートを行いますが、基本的にそれぞれの部品に対して、私が売り込みから生産終了まですべての工程に携わります。新規プロジェクト獲得に向けた受注活動はもちろん、開発中のプロジェクトの試作対応、売上を予想して戦略を立てるセールスプランニング、予算管理など、手がけている業務は実にさまざま。ほかには量産立ち上げのお客様サポートをしており、進捗管理から生産過程における品質保証に至るまで、製造が問題なく行えるように関係各部署のサポートをしています。現在、担当をしていて、いちばんやりがいがあるのは、お客様とボッシュ双方の生産拠点が海外にあること。開発段階であれば日本にいるお客様の開発担当と膝を突き合わせて話し合うことができますが、実際の製造となると今度はそうはいきません。何度も海外の拠点とテレコンをつなぎ、トラブルがあれば迅速に対応していく。その調整は大変ですが、無事生産がはじまったときの喜びもまたひとしおです。

Image02

大切なことに気づかされた中国出張

世界中に拠点を持つボッシュ。言葉や文化が違う人たちとのやりとりを日常的に行っています。遠く離れた相手とのコミュニケーションは些細なことでもすれ違いが生じやすく、慎重な配慮が必要です。私がそれを実感したのは、排気ガスセンサープロジェクトの立ち上げで、中国にあるボッシュの工場を訪れたときのこと。その出張ではお客様に製造ラインを案内するほかに、もうひとつの目的がありました。それは、普段私のチームとやりとりの多い中国拠点の営業と直接会って、対話をするということでした。中国の担当者とはよくテレコンをするのですが、いつも会議では話がまとまらず、言い合いになることもしばしば。今までは、どうしてそうなってしまうのか、わかりませんでした。でも実際に直接本人に会ってみて驚いたのが、すごく物腰の柔らかい紳士的な人だったのです。なぜいつも意見のすれ違いがあったのかというと、その担当者は考えてから話すタイプなのに、テレコン中は顔が見えないため、回答を急かしてしまっていたことが原因でした。それに気づいてからは相手の間合いや表情を想像しながら話すことを意識しており、以前よりも担当者と円滑にコミュニケーションが進むようになりました。ただ、私の担当製品の開発拠点であるドイツの担当者をはじめ、そのほかの地域の同僚とのコミュニケーションには、まだまだ改善の余地があると思っています。さらに関わりあいを深め、相手の立場を考えながら、気兼ねなくお互いの意見を言い合える関係性を築いていく。その担い手となることが私の目標です。

INTERVIEWS